ブログ

腸は健康の要だという認識はありますか?

574718236311b906c634e1ce1867aab9

「続けることよりやめないこと」をモットーに
福岡・東京で健康をつくるための歩き方レッスンを
開催しています、骨盤腸整ウォーキングの山﨑美歩呼です。


ぽっこりお腹は幸せを逃す?腸は健康の要
腸は健康の要だという認識はありますか?

腸の働きといえば
消化吸収 解毒 排泄・・・と思う浮かべる方が多いのでは
ないでしょうか

忘れてはいけないのが
免疫を司ってるということです。

なんと全身の7割もの免疫細胞が腸に集結していることが
明らかになっています。
また幸せホルモン物質のセロトニンは9割が腸で作られれて
いるのです。
脳には2パーセントしかないのです。

ということは
幸せは頭で感じるものではなく、
お腹で感じるものだとも言えますよね?

ぽっこりさせていると
うっかり幸せを感じなくなるかもしれませんよ!笑

骨盤の歪みは「腸の敵」
また、腸での免疫のバランスが崩れると、
いろいろなアレルギーや免疫関係の病を発症します。

食べものに気をつけることも不可欠ですが
骨盤の歪みも腸にとっては負担です。

なぜなら骨盤は腸の受け皿だからです。
入れ物が歪んだら 中身も歪みます。
歪んだ骨盤に収納された腸は
動きが悪くなり癒着する恐れもあります。

だからこそ骨盤はしなやかに動かせるように
日頃から意識しましょう。

腸のために!肩甲骨と骨盤のエクササイズ
骨盤をしなやかに動かすためには
背中側の筋肉を固めていてはいけません!

まずは肩甲骨周りの動きをよくしておくことも
重要です。

手始めに肩甲骨周りをほぐしましょう

1)両手を上に上げて頭の上でパチン(両手を合わせます。)
2)次に両手を下げてお尻の前で両手をパチン(両手を合わせます。)

※両腕を背中側で合わせるのは
人によっては難しいかもしれません。
そんな時は体の横でいいので太ももの横をタッチする動きから
始めましょう。

反動をつけず ゆっくりと行ってください。
簡単な動きから始めることで
じわりと体が変わってきます。

これを1日5セットで良いので
朝起きた時や 寝る前などにやってみてください。

肩周りがすっきりします。
肩こりが改善されると
連動して骨盤が動きやすくなる方も多いです。

次に腰に両手を当て 骨盤を前後に動かしてみてください。
どちらかだけをやるのではなく
セットでやると 効果が上がります。

骨盤の動かし方にはいろいろありますが
まずは前後の動きからはじましょう。


このようなちょっとの動きで
腸にも刺激が行き、動きやすい環境を作ります。
体は連動しています。
全く関係ないと思いがちな部位が
実は密接な関係にあるものです。

自分の体は誰も変えてくれません。
しかしほんの少しの意識で驚くほど変わります。

小さなことから始めてみましょう
きっとたくさんの気づきとの出会いがあるはずです。

自分で自分の体を知るために
体験会では体の歪みや癖のチェックを行います。

百聞は一見にしかず

とにかく一度ご体験ください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る