ブログ

太い脚をどうにかしたければ・・

block_i_catch3

「続けることよりやめないこと」をモットーに
福岡・東京で健康をつくるための歩き方レッスンを
開催しています、骨盤腸整ウォーキングの山﨑美歩呼です。

体験会へお越しいただくとまず始めに
立ち方のくせを知るための姿勢チェックを行います。

そして体のお悩みをお聞きします。
すると女性は特に
「脚が太くてイヤでたまらない」
と言われる方が多いのに驚きます。

引き締まった足を目指して
「脚が太くてイヤでたまらない」と言われても
私から見てそんなに太いとは思わないのですが
ご本人は気にしている・・
「そんなに太くないですよ!!」というと
「とんでもない、見てくださいこの太もも(恥)」と。
※ももは本当は「もも」なのです。
「太もも」って誰がつけたんでしょうね・・・
てことは太いのが当たり前ということだとは思いませんか?

足腰がしっかりしていることは財産です。
脚は細すぎずしっかりと筋肉と程よい脂肪が
ついている脚が理想です。

細くするのではなく 
しまった脚を目指しましょう!!


座ったままできる美脚エクササイズ
太ももを引き締めたいという方は
骨盤の歪みを改善することが必須です。
日頃歪んだ形を形状記憶し硬くなってしまった
筋肉をほぐすことから始めましょう。
準備ができたら足首を動かして美脚を目指します。


デスクワーク等で毎日座っている時間が長い方は
足腰が弱りやすいので
座ったままでもできる骨盤と足のエクササイズを
ご紹介します。

【座ったままできる美脚エクササイズ】

①座ったまま左右のお尻を片方ずつ上げて止める
(これを30回行ってください。)

②次に座ったままかかとを地面につけて
足先を上に上げてください(そのまま10秒止めます。)

③座ったままつま先を地面につけて
かかとを上げます。(そのまま10秒止めます。)
背伸びをする要領で足の甲を伸ばします。

②と③を繰り返し行いましょう(3セットくらい)

④足裏を地面につけて
ももとももの間にペットボトルをはさんでください。
そのペットボトルを内モモで潰すイメージで
両ももをくっつける方向に動かします。
(これも30回程度行います)

少しずつやることで引き締まってきますので
引き締まった美脚をイメージしながら行いましょう。



脳の働きも味方につけて美脚を目指す!
美脚をイメージしながら・・と書きましたが
これがとても大切です。
ダイエットの秘訣でもあるのですが
自分で自分にダメ出しをしないこと!!

「私足が太いんです。」ということ自体NGなのです。
この言葉を聞いた脳から
「私イコール足太い」がインプットされるので
どんなに努力しても効果は半減します。

ボディビルダーが
自分の筋肉に語りかけてトレーニングをしている
ということを聞いたことはないですか?
とにかく褒めて褒めて褒めちぎる・・
そうすることで筋肉の育ち方が20パーセント程度
違ってくるそうなのです。

はじめは「エーーーウソーーーー!!」と
言いたくなるかもしれませんが
これは私も実感しています。

私も下半身が立派なタイプなので
何が何でも脚を細くしたい!!と悩んでいた時期がありました。
そこでさっきのボディビルダーの話を聞いたので 
単純な私は素直にやってみてのです。

エクササイズするたびに
「私の脚ってほそーい!そしてまっすぐでキレイだわ」と
言いながらやっていたら
確かに脚が引き締まり 人から細いといわれ始めたのです。

昔の私なら
先ほど冒頭でも話した体験会に来てくださった方々と同じく
「私の脚って太くて・・・いや」というタイプでした。
でも 脳をうまく使おうと意識的に「細いな?」と
言い続けていたら本当に引き締まり出し
人から細いといわれるように・・

プラス
「細いですね」と言われたら
「そんなことないです!」も言わないことにしました。
「ありがとうございます!!嬉しいです」と
本当に喜ぶようにしています。

せっかくなら脳の働きも味方につけて
体を変えていきましょう。

骨盤腸整ウォーキングのレッスンでは
美脚を目指すのは当然ですが
同時に脳トレになる歩き方も行っています。
体全体の機能が健全に働いてこそ
本当の健康といえると思っているからです。

柔らか頭は
若さの秘訣でもありますからね(笑)

これからの超長寿時代
足腰の強さが健康寿命の鍵になります。
だからこそ
ご自分の歩き方を見直してみませんか?

是非とも一度体験会へお越しください。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る