ブログ

自分で骨盤矯正をするために・・・

image3

「続けることよりやめないこと」をモットーに
福岡・東京で健康をつくるための歩き方レッスンを
開催しています、骨盤腸整ウォーキングの山﨑美歩呼です。

どこの部位を意識して歩くか
どうやったら意識できるようになるのか・・など
私なりに色々やってみた結果



骨盤の動きが要になる
ことに気がつきました。



どうにか骨盤について学びたいと思っているところに
出会ったのが元理学療法士の清水先生でした。

清水先生も独立され小顔と骨盤矯正のサロンを始められたところで ちょうどセラピストを養成するとのことで
私は1番弟子の一人となりました。

そこで多くの方の骨盤と顔を矯正すると
小顔にもなるし 歪みも改善することを体感しました。
ただ、残念でたまらなかったのは
せっかく矯正をしていい感じになったお客様の
おかえりになる時の後ろ姿・・・
そう、歩き方だったのです。

重心が崩れ 右と左の足の出し方がちぐはぐだったり
内股であったり ペタペタと歩かれる・・
せっかく結構な金額を支払って受けてもらった
小顔と骨盤矯正なのに、また元の歪みに引っ張られて
行っちゃう・・勿体無い(汗)と・・・


もともと日頃の動きの癖により
使う筋肉のバランスが悪く 歪んでいっているので
根本的に動き方を変えない限り
どんなに矯正してもまた同じ歪みを発生してしまうのです。

特に日常やっている人間の基本動作である「歩く」という行為は一番体に影響がある動きだと言えるのです。

そしてもう一つ気がついたのが
骨盤矯正をするにあたり、施術の中でやっていることは、骨盤を正しい位置にセッティングする最後の1撃のために
40分程度の時間をかけて、色々な部位を緩めたり
可動域をつけたり 関節を本来あるべき動きができるように促したり・・しているということ。

そしてそれらの動きは
日常ちゃんと使っておきたい筋肉が固まっていたり
使えていないから、外からやってあげているということ。



つまり日常意識して動かしておけば
こんなことにはならなかったのでは?
ということだったのです。



日頃からバランス良く筋肉を使う習慣をつけるために
今までやっていたエクササイズを見直して
効果的なものにする必要がありました。

そこで清水先生に相談し理学療法の立場から監修をしてもらいながら考えたのが、骨盤腸整ウォーキングのエクササイズなのです。

骨盤矯正でアプローチする部位に効く動きを先にやり
それらを歩く時に動員するようにできれば
体の痛みや悩みは解決すると確信を持って考案したので 現在色々な方からお喜びの声をたくさんいただけるようになったのだと思います。



自分でできる 骨盤矯正
です。



むしろ、自分にしか出来ない体へのアプローチで歪みを取り、
疲れにくい体を手に入れる最良の方法なのです。

まずは、どんな癖があって歪みが出てきているのか知らないことには変えられないので
体験会では自分のゆがみを知るために様々なチェックや実験をしていきます。
 
通りいっぺんの知識や理論だけでなく
まずは自分を知るところから始めるので、
意識の落とし込み方が違うのです。

手前味噌にはなりますが とにかく楽しいレッスンですので 一度体験してみてください!!

そして一生モノの体を手に入れませんか?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る