ブログ

なぜ痩せられないのか・・

image2

「続けることよりやめないこと」をモットーに
福岡・東京で健康をつくるための歩き方レッスンを
開催しています、骨盤腸整ウォーキングの山﨑美歩呼です。



ウォーキングで体からメンタルまでもが変わり
人生が好転することになりましたが
そうなる前は自分の体をコントロールできない時代がありました。
次から次へと新しいダイエットを探す
ダイエット難民になっていました。
今ならなぜ痩せないのかしっかりわかります。



私が産後太っていったのは 慣れない子育てと
主婦業を一生懸命やりすぎていたことがあると思います。
(過去の栄光!!専業主婦をアピールしてみたりする)

今では考えられないのですが昔は家のことを完璧にする主婦でした。
夫はサラリーマンで真面目に働いてくれていたので
何の不満もなく生活していました。

ランチに行っては、その味を再現すべく研究したり
パウンドケーキにハマれば 1日に3種類の作り方や分量の違うケーキを焼き
食べ比べしたり、新しいお皿や料理器具を買えば
せっせとご飯を作り食べてましたから・・

それにプラスしてお酒も大好きで
いつも友人を家に招き ホームパーティーという名の酒盛りをしていました。

もちろん主婦の集まりといえば みんな差し入れを持ってきてくれるので
必要以上いたべる飲む癖がついていきました。
カロリー摂取過多の毎日。



もっと悪かったのは
元々背が高いのがコンプレックスだったので
猫背にし、片足に体重をかける癖があったので
骨盤も歪みっぱなしでした。

骨盤がゆがんだまま生活すると
循環が悪く 内臓を圧迫する 
そして肝臓には負担をかけっぱなし・・

太らない方がおかしいような生活でした。

とはいえ、なんとかしたいとは思っていたので
当時流行っていた「あるある大辞典」などの情報番組で
この食材がダイエットの肝だと聞けば
次の日スーパーに走り その食材と買いあさる
(スーパーの棚から紹介された食材が消える 
という事件に加担していました。)

骨盤がゆがんで循環が悪い体は消化の能力も衰えるし
血の巡りも悪くなるし 内臓へも負担をかけます。
便秘もひどく、コーラックという強い薬を11錠飲んでも
効かないところまで行ったほどです。(もはや病気です)



ゆがんで循環が悪い体は基礎代謝を下げます。
基礎代謝とは体の臓器を動かしたり呼吸したいりといった
生命活動維持のために使われるエネルギーのこと。

基礎代謝が上がれば 寝てるだけでもたくさんのエネルギーを使うはずが
その能力が下がっていることに目を向けず
激しいスポーツをして 体を酷使し 汗をいっぱいかいて
運動したという安心感と頑張った後のビールは最高で
どんどん飲み食いをする・・本当に悪循環でした。

それが私の日常でした。



スポーツジムにも行きました。
筋トレ 水泳 で全身を使い サウナで汗を出す
けれども痩せませんでした。
 
毎日大濠公園を歩きました。
歩いたら痩せると本に書いてあったので
頑張りました。が、歩き方を考えず
時間と歩数ばかりを気にして歩いたのでまったく痩せませんでした。

もともと得意な筋肉を使って歩く だらだら歩きで
日焼けしただけでした。
今でもその時のシミが名誉の負傷のごとく残っています。

その後綺麗に歩くことがたくさんの筋肉をバランス良く使い
ダイエットにつながることを知るのですが
その時は「歩いても痩せない」とすら思ってしまいました。



基礎代謝を上げることは
一生ダイエットをしなくても良い体を手に入れるためのカギであり
それは正しい姿勢と綺麗な歩き方で実現できるのです。

脱!だらだら痩せない歩き!!

正しい姿勢や綺麗な歩きがなぜ痩せ体質にさせるのかは次回お話しします。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る