骨盤腸整ウォーキングとは・・・

猫背・O脚・ぽっこりお腹。
日本人の8割は猫背、30 代以上の3割はメタボと言われています。
あなたもどれかに心当たりがありませんか?

これらはスタイルの悪さだけではなく、体全体の歪み、内臓の不活性を引き起こし肩こり、偏頭痛、腰痛、膝の痛み便秘、生理痛など体の不調の原因となります。また、姿勢が悪いと呼吸が浅くなり、冷えや疲れ、ストレスなどにつながります。

猫背・O 脚・ぽっこりお腹は仲良しトリオです。 どれか一つだけ改善しようと努力しても、連動しているのでぐすぐにもと通り。
根本を改めないとよくなりません。

ではこのトリオはどのようしにして改善すれば良いのしょうか。

ポイントは、眠っているインナーマッスルを目覚めさせ体全体の筋肉をバランスよく使うこと。
そのために行うことは、「歩く」動作を変えるだけ。
「正しい姿勢で歩く」だけで、猫背 O 脚 ぽっこりお腹は撃退できます。
これらを撃退することで体質が改善され 体の不調までも解消できるのです。

「正しい姿勢で歩く」習慣作りに向けて。
骨盤腸整ウォーキングのアプローチ方法とは?

「正しい姿勢で歩く」ために、 「骨盤」「肩甲骨」「足裏」の三点からのアプローチをしています。

  • 体の中心にあり要ともいえる骨盤まわりの筋肉
  • なかなか使えていない後ろ側の筋肉
  • 全体重を乗せている足

眠ってしまっている筋肉を目覚めさせ、 これらをバランスよく使って歩ける体を作るのがレッスンの内容です。

厳しいトレーニングや食事制限ではなく、 日常的に「正しい姿勢で歩く」という「習慣」を身に付けます。

レッスンで「習慣」を身に付け、「一生モノ」の体を作りましょう。

また、骨盤腸整ウォーキングでは「正しい姿勢で歩く」ことと共に「腸の活性化」が重要であると考えます。

動きが悪いとせっかく食べた良い食べ物も吸収されず排泄されてしまいます。
また、「幸せホルモン」とよばれるセロトニンは腸で作られます。
腸が元気でないと気持ちすら落ち込みやすなり ストレス体質になってしまいます。

体のメンタルの健康のためには、腸が元気であることが不可欠なのです。
腸を元気にするために食事で改善する方法は世の中にたくさんありますがわたしたちは「腸の活性化」のためには「骨盤」を正すことこそ重要であると捉えています。

「腸の活性化」と「骨盤」にはどのような関係があるのでしょうか。

腸を元気にするには骨盤を整えること!

体の中心にあり 上半身と下半身のつなぎ目の役目を果たす骨盤。 しかも骨盤は内臓の受け皿の役目も果たし体の要になる部位です。

骨盤は子宮を守るもので女性にとって大切なイメージがありますが 男性とっても大切だということです。

この骨盤が歪むことにより内臓も歪みます。
生活習慣の中で積み重ねられた歪みは、形状記憶されてしまい全身の血液やリンパの流れを悪くします。

食事によって腸内環境を改善しようとしても 腸自体が圧迫された状態だったり、腸の動きが悪いと
栄養が吸収されずに排泄されてしまったり、老廃物として滞留してしまいます。

内臓を本来ある位置に収め、腸本来の働きを活性化させること。

これらを実現するためには骨盤の傾き方を見直し肋骨や頭の位置を正し姿勢を良くする必要があります。

骨盤だけで見ると本当に小さな動きですし角度です。しかしこの小さな角度が体全体の流れや機能にそして心の安定にも影響があることを知ってほしいのです。

姿勢を正せば心境も正される
あなどってはいけない。
形がゆがめば、中身もゆがむ。
僅かな角度の狂いは、
1キロも進んだ時に大きな誤差となる。
体の構え、ことにあたる時の態度は結果を大きく左右する。
倫理研究所の創始者 丸山敏雄

「骨盤」と「腸の活性化」と「正しい姿勢で歩く」こと。
わたしたちが体もメンタルも健康であるためにはこの関係が大切です。
それを身につける「健康のためのウォーキング」が骨盤腸整ウォーキングです。

日常の姿勢、歩くという動作を大切にする方としない方
数年後の人生は大きく違うものになっていると思うのです。

「一生自分の足で歩ける体」を作ること。
あなたの将来のために、あなたの家族のために
「正しい姿勢で歩く」ことの大切さについて考えてみてください。

  • 資筋力習慣
  • 福岡体験会
  • 東京体験会
  • レッスン日程
  • 無料メール講座
  • インストラクター募集
  • プレスリリース
  • 教室紹介

  • 2017年10月KBCサワダデース生放送出演サワダデース
  • 2017年5月KBCアサデス出演アサデス
  • 2017年4月CREAWeb 10回連載CREA
ページ上部へ戻る