ブログ

下半身デブは骨盤のせい?

骨盤 ウォーキング 姿勢

下半身に贅肉がついてしまって下半身デブになっているので骨盤をしめてほっそりとした体型を手に入れたいという相談をよく受けます。

 

果たして骨盤が開いてるから

贅肉がついたのでしょうか? 

骨盤が開いてるから太ったというのは

少し違います。

ただ、骨盤の動きがわるくなると贅肉がつきやすのは事実です。           

 

実は骨盤は閉まったり開いたら柔軟に出来るのが理想的な状態なのです。

もう一度いいます。

良い骨盤とは閉めたり開いたりが柔軟にできる骨盤だということです。

 

骨盤が前に倒れていて閉まっている状態を骨盤の前傾といいますが、

一見腰を反った形でお尻が上がって見えるためスタイルが良いと勘違いしている方が多いです。

しかしその姿勢を長時間続けることは困難です。

といううよりその形をつづけていると腰を痛めたり、膝を痛めてしまいがちに・・・

 

反対に骨盤を後ろに倒した状態は猫背になりやすいだけでなくお腹もぽっこり出てしまいます。

 

その中間の角度つまり、骨盤が床に対して垂直の角度をキープすると正しい立ち方になります。

 

開いたり閉じたりを柔軟に出来る骨盤にするため、

レッスンではあえて骨盤を前傾させたり、後傾させたりの練習を必ずします。

 

どちらかというと、骨盤を後ろに倒すのが出来ない方が多いのにも驚きますが、その方にはいろいろなやり方でアプローチしてもらっています。

自分の体を二つ折りするように倒してイメージしてもらったり、床に仰向けで寝て両膝を抱えるようにして骨盤を動かしてもらったりです。

すると少しずつ動かすことが出来るようになります。

 

大切なのはすぐに出来るようになることではなく飴玉を溶かすようにゆっくり焦らず、諦めずに続けることです。

また骨盤からのアプローチだけでなく、肩甲骨周りや足首の動きがよくなることで骨盤が動きやすくなる方も多いのも事実です。

 

骨盤を正しい角度に保ちたい方は

まずは骨盤の前後に動かすことから始めてください!!

 



==骨盤腸整ウォーキング 体験会実施中(福岡・東京)==

  体験会で姿勢、歩き方をチェック!
  正しい姿勢・歩き方とは?なぜその姿勢がキケンなのか? 体験会で確認してください!

==7日で人生が変わる!ウォーキング読むだけレッスン==

  歩くだけで、あなたの体が変わったら嬉いと思いませんか?
  猫背・O脚・体質改善 読むだけで変わるウォーキングの7つのコツを無料で配信しています。
  意識が変わります。必読!です。今すぐご登録を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る