ブログ

足首の硬さは老化をまねく!?

foot-care-e1482324548234

「続けることよりやめないこと」をモットーに
福岡・東京で健康をつくるための歩き方レッスンを
開催しています、骨盤腸整ウォーキングの山崎美歩呼です。

先日朝日放送系のKBCテレビ「アサデス。」で
靴のすり減り方と歩き方についての取材を受けました。
今日は放送内では伝えきれなかったことをお話ししますね。

靴のすり減り方ですが
著しく外側が擦れているのは
相当外重心で歩いている証拠で
体や関節はかなり悲鳴をあげています。

ただ歩くときの重心の移動は
かかとから足の小指側から親指に抜けていくので
少し外側が擦れるのはそれほど問題はありません。

著しく外側か内側が擦れているのはNG
でももっと問題なのは左右のすり減り方が違うこと。
これはかなり骨盤がゆがんでいます。




数年前私は、ウォーキングを極めるために
骨盤の事をもっと詳しく知りたくて骨盤矯正の技術を学び
サロンで骨盤矯正の施術をしていました。

たくさんのお客さんの骨盤の歪みを施術させて
頂いたからこそ思うのですが
骨盤の歪みは力づくである程度正しくすることはできますが
歩き方が悪いとまた元に戻ってしまいます。

外部からの力で無理やり元に戻しても
日常の習慣で歪みやすい動きをしているとしたら
永遠に終わらない歪みとの戦いになってしまいます。

それどころか その歪みによって負担がかかった部位に
痛みが出ます。
そしてそれをかばうように歩いたり重心を変えてるため
歪みはどんどん複雑になってしまいます。




歪みのサインの一つが 靴のすり減り方の左右差です。

歪みをかばいあった結果関節などに痛みが出た時
多くの人が痛みが出た部分に湿布を貼ったり
電気をあてたりという治療をします。

しかし、痛みが出ているところが悪いのではなく
痛みをかばいあった結果
一番しわ寄せがきている部分が痛んでいるのです。

痛みを消すことが目的ではなく
痛みの原因である歪みを改善することが大切なのです。

骨盤腸整ウォーキングでは、
体の歪みを改善するためのエクササイズをレッスンに取り入れています。
どんなことをやっているのか気になる方は
まずは体験会へ来てみてください。今お話ししていることを
実際に体を動かして体感していただきながらご説明しています。
体験会についてはこちら
http://walking-fukuoka.com/trial/


ではどこから直せば良いのでしょう?
どこが一番という順番はありませんが
体の各部位をそれぞれ動かしていくことは重要です。

意外に見落としがちなのが
足首の柔軟性です。

日常生活の中で足首に注目することって
あまりないですよね・・

例えば段差のないところでつまずいたりしたことは
ないですか?
それはつま先を持ち上げてかかとから
歩いていない人に多い現象です。

それを続けていると足首はどんどん硬くなり
小さな歩幅でのすり足歩きをします。
それがいわゆる「老人歩き」なのです。

歩幅が小さくなるということは
体重の移動が正しく行われなくなり
ちょっと歩くだけで疲れやすかったり
関節が痛くなったり 足がむくみやすくなります。

だんだん歩くのが嫌になると
ますます運動不足になり
体全体の筋肉が衰えて行くのです。
(負の連鎖です。)




柔軟な足首ってどんな足首でしょう?
次回は足首と足裏の筋肉のバランスチェックの方法をお伝えします。
実際にやってみて、ご自分の状態を確かめてみてくださいね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る