ブログ

本当のダイエットとは!

image1

「続けることよりやめないこと」をモットーに
福岡・東京で健康をつくるための歩き方レッスンを
開催しています、骨盤腸整ウォーキングの山崎美歩呼です。

本当のダイエットはわざわざ運動しなくても
日常の動きの中で無理なくエネルギーを使う体質に変えること。
ではないかと思っています。


痩せたい!と願っている方からはいつも
夏までに○キロ痩せたいという
体重を減らしたいという方がとっても多いなと
感じています。

実際昔私が太っていた頃も同じでした。
あと○キロなんとかしたい
と焦っていたので
体重計に乗るたびに一喜一憂していました。

そしてカロリーの低いものや
テレビで痩せると言っていた食材を買ってきて
美味しくないな・・と思いながら食べていました。

美味しいものの時もありましたが
さすがに毎日食べていると飽きてしまい
続きませんでした。

食べる量を減らしたり カロリーの低いものを摂取したりで
一旦は痩せたとしても 数キロ落ちて喜んだあと
通常の食生活に戻すと またリバウンドしてしまい
結局新しいダイエット食材を探す・・そんな日々でした。



そんなことを繰り返していると心まで曲がってくるんです。

「太っている私はダメな私で 痩せれない私は価値がない」


そんなマイナスな考え方になり 痩せている人を見ると
「いいな。。。昔は私だってあれくらい細かったのに」とか
「もうおばさん体型になった私は魅力がない」など
今では考えられないほどの自己嫌悪に陥っていました。


40代になった時の落ち込みはかなりのものでした。
「ああ、あとは劣化していくばかりだから
これ以上年をとりなたくない
誕生日が来るのが怖い・・・」
とさえ思っていました。


体重や年齢といった「数字に怯える時代」でした。



食べないダイエットと同時に行ったのが
毎日1時間以上歩くこと!!
これならさすがに痩せるはずでした。

でもまったく数字は落ちず
むしろ食事が美味しく感じ 逆に体重が増えるありさま
日光にさらされる時間も増えたためシミが増えただけでした。


その時思ったのは
結局歩くなんてエネルギーの消費量が小さいし
筋肉が増える気がしない
やはり走り回るスポーツの方が良いに違いないと
そこで始めたのフットサルでした。

フットサルは思った以上に走り回るスポーツでした。
ところが痩せるどころか 肉離れや捻挫といったけがを
し始めたのです。



痩せるどころか日常生活も過ごすのが困難なけがをしたり
場合によっては入院をするようなことになってしまうのでは・・

自分の体をもっと知ってからスポーツをしたいと思った私は
スポーツインストラクターの養成校は行くことにしました。
46歳になったばかりの春でした。


そこで出会ったのが体の機能をちゃんと考えたウォーキングでした。

歩き方を変えたら 体が驚くほど変わり始めました。


1日何千歩を目指すだけではなく
質の良い歩きをすれば良いのだ!!ということを感じた瞬間でした。




それからどんどん歩き方にのめり込んで行きました。
骨盤の歪みは歩き方に悪影響だと感じ
歩き方を極めるために骨盤矯正と小顔矯正のお店で
セラピストとして働いた時期もあります。

その骨盤矯正の知識と
スポーツインストラクター養成校で出会ったウォーキングの技術を
合わせてメソッドにしたのが骨盤腸整ウォーキングなのです。

ですからエクササイズも理学療法士だった骨盤矯正の師匠にも
監修してもらっているので 体の使い方や関節の動かし方なども理解してもらいながらレッスンも進めていきます。



体と機能的に動かすということは
バランスよく筋肉を使うということです。

体全体の筋肉が本来ある仕事をし始めると
体はどんどん楽になり疲れにくくなります。

しかも今までの同じ動きをするのに動員する筋肉が増えるので
基礎代謝が上がるのであるくだけで痩せやすくなるのです。

人間が1日に使う総エネルギーの7割は基礎代謝で使われるということを
ご存知ですか?
ということはダイエットのために一生懸命スポーツをするより
呼吸するだけでも使うエネルギーをあげた方が効率的に痩せるわけです。

わざわざ時間をとってダイエットするより
呼吸したり寝てる間に使うエネルギーを増やす方が楽ですよね。

それは歩き方を変えることで実現できます。

本当のダイエットとは日常の動きの中で
代謝の良い体質にすること

だと私は思っています。

レッスンでは代謝の上がる体の使い方から関節に無理のない
動き方などをお伝えしています。

まずは体験レッスンに来て頂きたいと思います。
そこでどれだけ体歪んでいるのか
どうして痩せないのか・・・がわかると
改善点が見つかるはずです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る