ブログ

チャンスの神様は・・・

image4

「続けることよりやめないこと」をモットーに
福岡・東京で健康をつくるための歩き方レッスンを
開催しています、骨盤腸整ウォーキングの山﨑美歩呼です。

私のモットーとしていることのひとつに
「はい」の実践があります。
何か依頼や提案があった時
自分の過去の少しの経験から判断して
自己防衛に走り「NO」という答えを出すのではなく
「はい か イエス」の精神で受け入れるということです。



はいの実践を心がけて間のない頃でした。
自身の体が変わり健康になったことウォーキングをもっと多くの方に伝えたいと思い行ったプレゼンが認められ「ゆほびか」という全国誌でカラー12ページで特集していただけることが決まりました。

「このチャンスを逃したら東京でレッスンすることはないよ。一度東京に出てみたら」という 知人の提案に
「はい!!そうだね。わたし東京行ってみる」と二つ返事で出ることを決意。

東京は観光で何度か遊びにったくらいで
知人もいないし 方向音痴 乗り物音痴の私、土地勘のもない状況でしたが、これまた知人の「新宿が便利だよ」の一言で「はい!わかった、新宿にする!!」とこれまた二つ返事で決めました。

後で知ったのですが 新宿は東京に住んでる人でも迷うほど複雑な街らしいのです。

「都会の中の樹海」 とも言えるほどの・・(たらり)

方向音痴の私ですから 地図上5分で行ける場所に40分かけて到着するということが度々あります。

そして飛び出した東京
ゆほびか効果で生徒さんは一気に30名集まり
なかなかのスタートを切りました。

ところが半年すると メディアの効果は薄れ始め
生徒さんが減り始めます。
体験会を開催するも集客がうまくいかず
生徒さんは着々と減り始めます。



何度もくじけそうになりました。
東京の空の下、一人寂しく落ち込んだこともあります。



歩き方を見直すだけで 多くの人の体の悩みは解決する!
という自信とそのことを伝えることが私の使命だ!
という信念だけで行っている時期がありました。

周りの人からは
「月に2回、計6日間も上京して採算合うの?」ときかれることも多いのですが
人生の使命を感じて動いている時に
採算とか経営とかという言葉は入ってきませんでした。

根性論になってしまうかもしれませんが「思いを持って伝える」ただそれを貫く!!だけだったのです。

すると
レッスンを受けてくださった生徒さんの中から
文藝春秋社の「CREA」担当者につなげていただけたのです。
そして企画が通り今度は「CREA web」で10回連載が決まりました。それがヤフーニュースや楽天ニュースにも取り上げて頂けたのです。

人がほとんど集まらなくて困っていた体験会はあっという間に満席240件ものキャンセル待ち。
おかげさまで現在も東京でレッスンをさせて頂いております。



「はい」の実践は人生の大きな1歩を踏み出すきっかけになりました。



頭で考えるより行動に出たことは 
前髪しかないというチャンスの神様の髪を掴むことなのかもしれません。

そして「はい」と素直に人の意見を聞く姿勢は、人から応援をしてもらえる人間性を育ててくれることも知りました。

私のように素直じゃない人間は考えないことが一番!
難しく考えず、理屈なしに
純粋に「はい」の実践をやっていこうと
改めて思っている今です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る