ブログ

素晴らしい指導者とは

DSC_2988_p

「続けることよりやめないこと」をモットーに
福岡・東京で健康をつくるための歩き方レッスンを
開催しています、骨盤腸整ウォーキングの山﨑美歩呼です。





昔は自分の人生を豊かいしたいという思いで
いろんなことにチャレンジしていました。


今は自分の人生を豊かにするためには
まずは周りにいてくれる人たちの
幸せや成功を願いながら
行動するようになりました。




そして
もし上がっていけるのなら、
大好きな仲間と一緒に
上がっていきたいと思っています。





考え方や行動は 
歳を重ねることに
少しずつ成長していくものです。



いくつになっても成長し続けたい!!
という向上心は失いたくありません。

そして、
いくつになっても
自分の足で歩いていたい。




歩くことを伝えることが
使命だと思っています。




私は
「歩く」という誰もがやっている
当たり前に思いがちな行為を見直すことで 
健康で幸せな人生を手にいれられることを
伝えるという使命を持って活動しています。


そう思うと
すでに幸せな人生を歩んでいると感じています。





それに賛同してくれて
一緒に伝えてくれる仲間がいることが
最高の人生であり、
誇りです。






歩き方を改めて
健康を手に入れたいという人、
そしてそんな人の役に立ちたい
と思っている仲間がいる限り
私は絶対
ウォーキングを伝えることをやめません!!



もし、仲間になってくれる人がいるなら
是非飛び込んできてほしいと思っています。




・今まで指導者になったことがない
・運動神経が良くない
・小柄でウォーキング講師っぽくない
・年齢が・・

など、はじめは躊躇してしまう方も
少なくありません。

しかし、
年齢や経歴やスキルは関係ありません。



実際に30代でリュウマチを発症して
歩くこともままならない時期があったという
現在50代後半のインストラクターもいます。



辛い思いをしたことがあるからこそ
同じ悩みを持つ人に伝えられる言葉があります。

気持ちがわかってくれる人の言葉は相手に伝わります。


悩みが多い人ほど、
優しい言葉をたくさん知っていて
本当の指導者になれると思っています。



腰痛になったことがない人より
腰痛で悩み 
解消した人の方が経験値は高く
解決に至った経緯は
生徒さんにとって希望の光になるからです。


年齢に関しても同じです。

若いインストラクターなら
世の中にたくさんいますが
いくつになっても輝いているインストラクターは
同じ年齢の人たちの勇気になります。



名選手が名監督になるとは限らないということも
みなさんに伝えたいことです。



相手を思いやり、
相手のために動ける人なら
時間はかかっても
最高の指導者になれます!!




だから・・
志のある人だけに
集まって頂きたいと思っています。


そして一緒に
「歩く」という人間の基本動作を
それぞれの年齢や立場から
伝えていってほしいのです。



美しく1歩を重ねていくために



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る